ノベルティの注意点

ノベルティグッズを作る際に注意して欲しいポイントは沢山あります。例えば、ノベルティを作る時には、当たり前ですが会社名や商品名などを知ってもらう販促目的のために作成する事が殆どです。その為、企業や製品のロゴを印刷したり刻印したりするのが目的で制作して行きます。これらの作業の事を名入れと言うのですが、名入れに関しては、必ずしもすべてのアイテムに名入れできるわけでは無い事をしっかりと理解しておく必要があります。

名入れが出来ないケースとして考えられるのが、素材とデザインがマッチングせずに技術的、物理的に出来ないというケースと、製造や販売元から名入れの許可が下りないケースがあります。個人で使用する場合には問題無いかも知れませんが、会社名などを入れて配布するような場合には、貰った方は、元の商品と名入れをした会社が懇意にしていると勘違いしてしまう可能性は十分にあります。

企業イメージが合わない場合であったり、商品の会社が同業種と懇意にしているために、ライバル会社の名入れが出来ない場合、単純に販売元が、全ての名入れを許可していないような場合があります。ノベルティを作成するような場合には、販促品に名入れをする事が出来るのかどうか、代理店などに事前に確認するようにしてください。